スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'02.28 (Mon)

劇場版 マクロスF 恋離飛翼 ~サヨナラノツバサ~

マクロスFサヨナラノツバサ見てきた。

以下あらすじ(超ネタバレ。物語が全部文章で書いてあるので、まだ映画見て無い人は絶対見ないように。)

【More・・・】

始まりは前回の事件の後、アルトが引き続きシェリルに雇われたままボディーガード兼スパイ容疑の監視として付き添っている場面から(実際はシェリルのライブからだけど)

SMSの休暇でアイランド3に遊びに行く事に。ミシェルがナンパしたり、そのナンパ相手が実はルカの姉だったり、ジェフリーがノリノリでサーフィンしてたりしますw
ランカはアルトと二人きりになった際に「バジュラに捕まっていた時になんだか懐かしいような、「おかえり」と言われてるような不思議な感じがした、バジュラにも心があるのかもしれない」と語るが、アルトは否定。さらに、仮に心があったとしても人を襲うのは見過ごせない、お前は俺が守ると宣言。
なんかいい感じになった所でお兄ちゃん登場。アルトを一喝すると共に、緊急招集だということを伝える。

SMS・新統合軍が出撃しバジュラとの戦闘に入るが、敵母艦に潜入した際にアルトの乗った機体が被弾。一命を取り留めるもののVF-25Fを失う。

その後入院したアルトは、見舞いに来たシェリルとランカと一緒に屋上で会話。その一方でグレイスをはじめとするギャラクシーの連中の作戦が実行される。

フロンティアに潜入させたインプラント兵の工作員を使って、以前から解析していたシェリルの歌を流し、バジュラをおびき寄せようとする。
ところが潜入させておいたインプラント兵が次々殺害されていく。実はレオン・三島によってグレイスらの回線が盗聴されていた。流していたシェリルの歌もジャミングされうまく機能しない中、グレイス本人の下にもレオンの手下の兵士がやってくる。グレイスは両手を挙げて投降の意思を示すが、それを無視して兵士達は発砲。複数の弾丸を受けながらビルから落ちるグレイス。さらに追い討ちをかけるように、電気の流れた銛(?)を撃ってグレイスをビルで宙吊りに。
ランカとシェリル、アルトの会話中にもレオンが現れ、シェリルをスパイとして逮捕、監獄へ。
後に大統領が会見で、シェリルは死刑が決まったと告げる。

これに対してルカが話が違うとレオンに詰め寄るが、レオンはルカの姉を人質に脅迫。ルカはルカで「もし姉さんに手を出すつもりだったら、僕にも考えがあります。」と強気。

この態度に不審を抱いたのか、アイランド1の天窓式ドーム(リパルシブフィールド展開したとこ)にフォールドクォーツを利用した対バジュラ用兵器を設置している作業中、レオンの手下がルカの安全ロープを切断。ルカは宇宙に放り出される。しかしあらかじめ用意していたEXギアで脱出。マクロスクォーターに逃げ込んで、レオンがギャラクシーの野望を利用してバジュラを支配下に置こうとしているということをジェフリーをはじめとするSMS隊員に打ち明ける。

ジェフリーはレオンの野望を打ち砕くため、まずはシェリルの歌が必要だと言う事で、ランカの慰安ライブ(in監獄)を陽動にシェリルを逃がす。
その最中にもライブ中のランカの歌声がレオンたちの手によって解析され、歌に引き寄せられてきたバジュラ達にフォールドクォーツを使った対バジュラ兵器を使用する。その兵器とは、まずフォールドクォーツで増大させた歌の力でバジュラの交信を妨害し、その隙にインプラント弾を撃ち込む。さらに撃ち込んだインプラント弾に同じくフォールドクォーツで増大させた歌の力を送り込んでバジュラを自在に操ると言うもの。
しかしそこでまさかのギャラクシー一行復活。捕まっていたグレイスは脱走し、ブレラはインプラントによってギャラクシーに操られてレオンと大統領を含めその場に居た人間を射殺。

一方アルトとランカ、シェリルはクォーターに向かっていた。そこにレオンたちを殺したブレラが出現。ブレラは少し前の場面で、ランカに自分が兄だと言う事やランカの過去を打ち明けてはいたが、この時点では既にインプラントによってギャラクシーに操られている。アルトは二人を守ろうとするが、返り討ちにあい、絶体絶命。そこにEXギアを装着したお兄ちゃん登場。三人を逃がしつつブレラを攻撃する。

三人はクォーターまで後一歩の所までたどり着くが、そこでオズマがブレラに吹き飛ばされて倒れる。隠れる場所も障害物も無い場所で銃を向けられる三人。オズマが「やめろおおおおおお!!!!」とか言いながら間に入るが、ブレラは躊躇無く発砲。弾を体に受けながらも「これくらいじゃあ死なない」と銃を乱射しながらブレラに突進。壁が壊れて中の空気が外に漏れ出し、ランカ、シェリル、オズマ、アルトが外に放り出されそうになる。アルトはかろうじて自力で助かり、ランカはシェリルが庇ってくれたおかげで助かるが、代わりにシェリルとオズマが船外へと吸い出されてしまう。

続いてクォーター内へたどり着いたアルトとランカ。オズマとシェリルの死を悲しみつつも、バジュラを利用している連中は絶対に許さないと決心。
さらには出撃前にランカがアルトに告白。返事を聞くと歌えなくなるかもしれないから、今は何も言わないで。と告げる。

ついに最終決戦。アルトはフォールドクォーツを利用した最新鋭機YF-29デュランダルに搭乗。熱戦を繰り広げる。バジュラにランカの歌が届いてない事に気づいた一行は、既にバジュラの母星へと降下していたアイランド1にあるフォールドクォーツ装置を破壊しようとする。

大気圏に突入しバジュラと空戦を繰り広げる中、SMSと新統合軍の援軍の大艦隊がやってくる。マクロスクォーターも複数ある上に色が違うっていう・・・。どんだけ凄いんだ民間軍事プロバイダ・・・。

さらにはここでとんでもないサプライズが。
援軍がバジュラに向かっていくシーンで、見覚えの無い(というかどこかで見たことのある)機体が。
新統合軍に配備されているVF-171でも無ければ、SMSに配備されているVF-25でもない。
現れたのはなんとYF-19
そしてそのパイロットから発せられた言葉は「ヒャッホー!行くぜカワイコちゃーん!」
そう。まさかのイサム登場wwww
つか2040年から19年も経ったらイサム43歳ですよ。43歳の、悪く言えばおっさんが「ヒャッホー!行くぜカワイコちゃーん!」ってw
お前20年前から何も変わってねえじゃねえかwwwwwwww

まぁともかくバジュラとの戦闘で援軍が来たわけだが、交戦中にアルトはインプラント弾によってバジュラが操られている事に気づく。それをクォーターに伝えると、ミシェルが狙撃したりクランの格闘戦でバジュラに刺さっていたインプラント弾を次々破壊していく。
ランカの歌の力も合わさってバジュラが味方になり、これで勝てるかと思った所でラスボス登場。
なんとバトルフロンティアがバジュラクイーンと融合していた。圧倒的な戦力に押されている中ついにあの人が復活。
そう、我らがフラグクラッシャー オズマ・リー。シェリルと共に生きていた。いつもランカの近くに居るバジュラの幼生"あい君"が助けてくれていたのだった。

シェリルはランカと共に歌い、バジュラを味方につける。アルトはブレラと交戦中なんか覚醒してブレラ機みたいな動きするようになる。最終的には自らインプラントを壊して正気に戻ったブレラがラスボスに突っ込んで、ラスボスバジュラを操っている核(?)に向かって一撃。ブレラは爆発に巻き込まれて散る。バトルフロンティアと一体化したバジュラは正気を取り戻し、アルトを手のひらに乗っけて受け入れる。しかし時既に遅く、援軍として来ていたSMSの全マクロスクォーターが主砲を一斉にラスボスバジュラに向けて撃っていた。
アルトはバジュラの手の上で振り返ると「ランカごめん、お前の気持ちには答えてやれない。シェリル・・・俺はお前のことを愛しt・・・」最後はかすれて聞こえない。バジュラは打ち込まれた主砲とアルトと共にどこかへフォールドしてしまう(マクロスゼロの鳥の人が核反応弾と一緒にフォールドしたのと同じかな?)

全ての戦いが終わった後、力を使い果たしたシェリルはV型感染症によって倒れ、ずっと眠ったままになってしまう。アルトも帰っては来ない。
それでもランカはアルトがいつか帰ってきて、シェリルの目を覚ましてくれる事を信じている。
終わり。


まさかのアルト&シェリルサヨナラエンドですよ(まぁシェリルは生きてるし、アルトも行方不明なだけだけど)。
ミシェルが生き残ったのは嬉しいけどなぁ・・・。
スポンサーサイト

テーマ : マクロスF - ジャンル : アニメ・コミック

22:19  |  アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buletears0828.blog52.fc2.com/tb.php/498-5c5779fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。